転職の理由とは

転職の理由とは

看護師の転職理由の第一位は、給与への不満でしょう。

 

看護師の仕事はとにかく肉体労働です。

 

しかしその働きというものはなかなか評価されるものではありません。

 

とくに同じ職場で働いている人たちの間でも評価が割れます。

 

その評価への不満もありますし、きつい業務内容、そして夜勤などの残業と照らしあわせて、仕事と給与を考えたときに割に合わないと、感じてしまうと、人は転職を考え始めます。

 

また、やりがいを感じないことも転職を考えるきっかけになります。

 

大学病院や総合病院に勤めた場合では、通常1年に1回は異動があり、同じ病棟において働ける期間は、通常多くても5年程度だといわれています。

 

この時に、新しく配属された勤務先が、自分が行きたい所でなかったり、任せられる業務内容が自分のやりたい事ではないこともあります。

 

また、精神的にも肉体的にも過酷な勤務に疲れてしまい、ただただ仕事をして、気づいたら一日が過ぎてしまっている毎日にやりがいを感じられなくなることもあります。

 

きつい仕事に関係しますが、やはり夜勤のある病院での勤務が体に合わない、ということから転職を考える人も多くいます。

 

看護師には基本的に休みはあまりありません。

 

そのため、体を壊す人も少なくありません。

 

そんな事態になる前に転職を検討したほうが良いでしょう。